べっぴんさんのさくらと健太郎が両親の反対を経て無事結婚することになりましたね。後継ぎがってところがあってもめていましたけど、やっとお互いの気持ちのままに結婚を認めてくれることになりましたね。

 

 

見ていると、どっちも一人っ子やから後継ぎを考えるとかなり厳しいよねって見ていました。しかし、そこのところを紀夫とすみれが折れてなんとかなりましたね。個人的には正直相当驚きました。

 

 

私もどちらかというと、店をやっているすみれのところに健太郎が養子に来ることがうまくいく方法になるのかなと思っていました。しかし、結果はその逆でしたね。なので逆ってすごいなって思ったんです。

 

 

あの時代の人なので、紀夫くんのお父さんが柔軟な考え方してくれていたのでびっくりでした。しかし、そんなさくらと健太郎の結婚がフルカットされていました。マジか?って思いましたね。

 

 

 

あれだけ、結婚は家と家との・・・みたいな話をしていたにもかかわらず結婚式をフルカットってなるとえっ?ってなってしまいました。べっぴんさんはずっと見てきて思うのはなんか話が急に進んでいったり、いきなりスローになったりとペース配分が難しい。

 

 

 

そんな印象を受ける朝ドラですね。このあたりは脚本の人にもう少し朝ドラ向けにカスタマイズしてほしかったなあって思います。なんちゅうか、メリハリつけるところをちょっと間違っているんじゃないかなみたいな。

 

 

 

最初と最後はしっかりと描いて、途中はある程度のスピードで進んでもいいと思うのですが「べっぴんさん」については逆ですね。最初と最後が著しく早いんです。なんか、真田丸の関ケ原の戦いがほとんどなかったのに近い感じですね。

 

 

それぐらいのスピードでどんどん話が進んでいってしまっています。この調子だと今週中にはさくらが子供を出産するのではないでしょうか。ここの親子のドラマみたいなのが見れないのはとても残念ですね。

 

 

 

親子のストーリーで描いているところがありますので、もうちょっと結婚式とか出産とかってところは丁寧に描いてほしかったなあなんた思いました。インターネット上でもそのことは話題になっています。

 

 

もちろん、ネット等の視聴者の意見を参考に脚本をつくっているわけではないし、そうあるべきでもないとは思います。しかし、それでもちょっとスピード感がでてきすぎていますね。

 

 

 

今後、どのようなペースで進んでいくのか注目ですね。このままいけばすみれの死まで描いていく感じになるでしょうか。なんやかんや言っても楽しみにしています。