まんぷく15話は、鈴が克子の家で呆然としているところから始まります。鈴は福子に結婚を申し出ようとしていた立花が憲兵に捕まっていると説明され、さらに、福子についてきた保科たちが福子を信じると加勢したことを克子に話していました。

 

鈴は混乱していましたが、憲兵に捕まるような人間と結婚しようとしている福子とは口もきかないと騒いでいました。保科はみんなで押し掛けたのが良くなかったと、仕事をしながら福子に謝っていました。

 

そこへ世良がホテルの受付に現れます。ふと、福子の名札に目を止め、立花とはどうなっているのかとなれなれしく話し始めました。保科は立花の親友と言い張る世良に、親友ならどうして今の立花の状況を知らないのかと指摘していました。

 

福子は世良と場所を移して、立花の事を詳しく説明します。立花を助けて欲しいという福子のお願いに、世良は無理だと言い返します。福子が「親友なんでしょ」と食い下がると、世良は「ラーメン一緒に食うただけや」とフロントに居たときと全く違う態度を取り始めていました。

 

憲兵の1人が、自白しない立花にしびれを切らした様子で、状況証拠はそろっているので事件を片づけようと上司に進言していました。しかし、上司は他に共犯者が居るかもしれないという懸念が捨てきれず、部下たちに「取り調べを続けろ」と指示します。

 

憲兵たちは食事を摂らない立花に、無理やりご飯を口に入れて食べさせようとしましたが、立花はそれを吐き出し、「僕はやっていない」と力なくつぶやきます。

 

一方、加地谷は横流し事件のため、銀行に根回しの電話をかけていました。すると、そこへ世良がやってきます。お見舞いと称して顔を出した世良ですが、会社は大丈夫のようだと、わざとらしく不思議そうにしていました。

 

加地谷は「立花が居なくなってむしろ良かった」とまで言い、世良もグルではないかと疑いを口にしながら、「とっとといね」と言い捨てて出て行きました。二人のやり取りを聞いていた従業員の竹ノ原は、世良に「立花は絶対にやっていない」と言いきっていました。

 

会社の様子を福子に伝えた世良は助けるのは無理だと話します。そして、「不幸は伝染する」とこれ以上関わりたくない様子でした。克子の家には真一が訪れていました。

 

真一は入隊することを忠彦に報告し、入隊する前に忠彦が咲のために描いた絵を預かってほしいとお願いしに来ました。真一は鈴や福子の様子を聞きますが、忠彦は福子の恋人の件で大変そうだと話すと、立花の名前を真一が口にします。

 

真一は自分が福子の背中を押してしまったのかもしれないと、少し心配そうにしていましたが、鈴には申し訳ないがそれが自分の素直な気持ちだと話していました。

 

夕飯中、鈴は立花の事を反対します。しかし、福子は立花がダメであれば、結婚しないと反撃していました。福子は、立花は心がきれいで誠実な人だと説明しますが、鈴は憲兵につかまっている人間の心がきれいとはどうゆうことかと話を聞いてくれません。

 

食事もとらず激しい尋問を受けていた立花は、同房の囚人に大切な人が居るのであれば、生きてここから出なければと、隠し持っていた食べ物を立花に食べさせます。

 

立花は福子を思い出したのか、食べて生きる道を選び、囚人のくれた食べ物を食べ始めました。立花が「まずい」と少し笑いながら食べているところで今回のお話はおしまいです。まんぷく16話の感想につづく。