まんぷく28話は、香田家のアトリエに泥棒が入り、寝ている家族をよそに物色しているところから始まります。泥棒は家の中をごそごそと探し回り、とうとう判子の売り上げを見つけ、お金を数えだしたところで、物音に気付いた鈴が後ろから大声で泥棒だと騒ぎます。

 

神戸と名乗る泥棒は、「警察だけは勘弁してくれ」と懇願していました。福子はお金を数え直して、無くなっていないことを確認し、なぜ泥棒などしたのかと尋ねます。

 

神戸が出兵している間、空襲で家は焼け、二人暮らしだった母親は亡くなっていて、身寄りも仕事もなくお金に困って追い詰められていました。そこへ行列ができた判子屋の福子たちの後を付け、この家に泥棒に入ったと話していました。

 

朝鮮に出兵していたと聞き、克子はどこの部隊に居たのか尋ねます。夫の忠彦も朝鮮に出兵していて、手掛かりがなにかないか知りたかったようです。結局、神戸と忠彦につながりは無かったようで、克子は神戸への興味を無くしていました。

 

倒れ込むほどお腹が空いていた神戸に、福子たちはすいとんを食べさせますが、みんな眠くなり寝ようとし始めます。結局、萬平が一人神戸の相手をすることになってしまいました。

 

翌朝、福子が目覚めると、隣に萬平はいません。福子が探すと、萬平は台所で眠り込んでいました。神戸は逃げたのかと思いきや、元気そうに掃除を始めていました。泥棒に入ったのに、ご飯まで食べさせてもらい恩を感じた神戸が、お礼の代わりに掃除をしていたようです。

 

しかし、鈴たちは、今すぐ出て行きなさいと追い出します。福子と萬平に見送られ、神戸は玄関で改めて謝罪します。福子にこれからどうするのかと尋ねられ、行く当てはないけれど、もう泥棒はしないと神戸は約束しました。

 

神戸を見送った後、萬平は「自分は戦争に行かなかったから、引け目を感じる」と福子に話します。福子も「ああいう人は本当にたくさんいるんでしょうね」と気の毒そうにしていました。

 

翌日、再び侵入者が現れます。鈴はすぐに気付き、暗がりで棒を振り回そうとすると、侵入者は慌てて鈴に声をかけます。それは戦地から無事帰ってきた忠彦でした。

 

鈴はみんなを大声で呼び、駆け付けた福子たちは忠彦を見て驚きます。後から来た克子は目を大きく見開きながら、しばらく呆然と忠彦を見つめていましたが、やがて泣きながら二人は抱き合っていました。

 

鈴は、今までどこで何をやっていたのかと少し非難めいた口調で聞くと、福子が克子に励まして言っていたとおり、引き上げる船になかなか乗れなかったと答えていました。翌朝、子供たちは忠彦に気付きます。

 

子供たちは忠彦に抱き着き、子供たちや福子がバンザイをし始めると、庭に現れた神戸が、一緒になってバンザイをしていました。神戸が「なんであんたいてるの」と鈴に突っ込まれているところで今回のお話はおしまいです。