まんぷく38話は、たちばな塩業の社員である岡が、酒場で他のお客と喧嘩してしまい、福子たちのところに警察から連絡を受けるところから始まります。

 

翌日、岡は釈放され、福子と萬平は迎えに行きます。警察の人からは、絡まれているのを助けてもらったお店の人の声もあり、今回はおとがめなしだと説明されていました。

 

実は会社を辞めることを考えていた岡は気まずそうです。タコ焼きを食べながら、岡はお店の娘さんを助けようとしただけなのだからと、福子も萬平も悪くないと励まします。

 

岡はやさしい萬平たちにどういう態度を取ってよいのか分からない様子でした。岡が席を外すと、お給料を満足に払えなかった手前もあり、自分たちからは怒れるわけがないと福子たちが話していました。

 

さらに岡に辞められては困ると、気を使っています。鈴は警察の件で、こんな乱暴な男の人達に囲まれていては、タカが心配だと騒いでいました。

 

タカは鈴が言うほど自分は可愛くないと冷静に返し、福子も鈴に、タカに来てもらわない方がいいのか尋ねると、鈴は「私だって少しは楽したい」と泣きそうに叫んでいました。

 

神戸は岡に「もっと自覚を持て」と、みんなの前で怒ります。神戸が上から物を言うのが気に入らないようで、リーダー気取りで偉そうだとまた喧嘩になりそうな雰囲気になります。

 

それを見ていた気の弱そうな社員の1人・小松原が、萬平たちのところへその状況を説明しにいきます。萬平が話をしようと言うと、小松原はみんなは社長の前では本音は言わないとそれを止めます。

 

すると、福子は慰労会をやったらどうだろうと提案します。お金は出せないけれど、みんなの気持ちを明るくするために、みんなが喜ぶことをやろうと言うと、タカも「ハーモニカを吹く」と協力を申し出ます。

 

早速始まった慰労会では、まず最初にタカがハーモニカを吹きます。社員たちは「なんじゃこりゃ」と微妙な雰囲気でした。

 

次に福子が「リンゴの歌」を英語で歌い始めると、神戸が「日本語の方が一緒に歌えたのに」とつぶやいていました。鈴は一人芝居で「国定忠治」を演じ始めると、これには社員たちは喜び一緒にセリフを口にして盛り上がっていました。

 

いよいよ萬平の番になりますが、萬平はずっと緊張しています。萬平は福子と夫婦漫才をしますが、着心地ない様子でボケは滑っていました。鈴が不安そうに二人の漫才を見つめています。

 

社員たちは「へったくそやのう社長」と言いながらも、顔は笑っていました。最後の大ボケも盛大に滑っていて、肩透かしを喰らった社員たちは逆に笑っていました。

 

社長たちが社員たちに気を使ってくれていることが十分に伝わった様子です。神戸は「あの事はもう忘れる。明日からまた頑張ろう」と岡に声をかけます。

 

また、リーダー気取りだと周りから文句が出ていましたが、岡はその言葉で少し安堵した様子で、少し笑っていました。福子たちは慰労会の反省会です。

 

「人を使うというのはなんて大変な事だ」とクタクタの様子でみんなで話していました。ひと段落したのもつかの間、不穏な雰囲気で事務所に電話がかかってくるところで今回のお話はおしまいです。