こんにちは。いよいよ大河ドラマ「真田丸」も残り一話だけになってきましたね。これまで、大阪冬の陣では真田丸で徳川方を蹴散らしたんですが、大蔵卿が参加した和睦のために真田丸は壊されます。

 

 

しかも、大阪城のお堀が埋められているのでもう正直勝ち目がなくなってきましたね。勝敗はわかっているのですが、そのプロセスがどのようになっているのか見る楽しみがありますよね。

 

 

ただ、もういよいよラストってところになりますので気になるのが次の大河ドラマですよね。真田丸の次が「おんな城主直虎」になっています。このストーリーは、とても新鮮ですね。井伊直虎の話になるのですが、あまり知られていない武将だけに楽しみですね。

 

 

実際に、歴史の中でどのような扱いなのか知らないのでどんな人物像なのかというのが2017年の「大河ドラマ」で決まるという感じかもしれませんね。いずれにしても、真田丸の最期と同時にこちらがどんな感じなのかも気になってきます。

 

 

ちなみにコチラでおんな城主直虎のネタバレが詳しく書かれていますので、ちょっと読んでみたのですが楽しめそうな内容になっています。幼馴染がみんな大きくなって、井伊家のためにどんなことをするのか。

 

 

井伊家を継ぐものや出家するもの。井伊家を見張る役目をする者と3人の幼馴染が大きくなっていって・・・その関係性が変化していくところに面白味があります。井伊直虎というあまり知られていない武将だけに、読んでいると引き込まれるんですよね。

 

 

その辺りは、現在放送されている真田丸とは大きく異なりますね。井伊家の周りの今川家との関係や徳川との関係。様々な戦国武将がでてくるのでそちらにも注目が集まります。

 

 

こういった、あまり知られていない武将のことを大河ドラマにするのは大賛成ですね。真田丸とかだとどうしても最後は徳川家康に負けるっていうのがわかっているので結末ありきのところがあります。

 

 

 

しかし、井伊直虎のようなあまり知らない武将であれば最初から最後まであまりどうなるってことがわかりませんので、1話ごとに見るのが楽しみになりますね。また、だいたいこんな感じだろうなっていうのもないですから毎回新鮮です。

 

 

この新鮮さっていうのが、歴史上の人物を描く大河ドラマではとても重要になってくると思います。真田丸のように結論ありきで見るって楽しみもあるのですが、そもそもどんな人物ってところから始まるストーリーも楽しみですよね。

 

 

おんな城主直虎のネタバレやあらすじを見ていると、とても楽しそうな内容になっています。個人的には、真田丸よりも視聴率がとれて人気がでるような予感がしています。