現在、大河ドラマで人気の「真田丸」。その主人公である真田信繁(堺雅人)の家系図について特徴をみていきたいと思います。

 

 

戦国時代末期の武将である真田幸村は、徳川家康(内野聖陽)を自害にまで追い込んだと言われる伝説的な強さを誇った武将と言われています。しかし、それは本当なのでしょうか。

 

 

実際、真田氏は信州松代藩として明治維新を迎えていますし、真田家は滅んだわけではなかったのです。では、その家系図はどの様な形になっているのでしょうか。

 

 

祖父の代に武田信玄に仕える真田家!

 

 

真田幸村を輩出した、真田家は、その祖父、真田幸隆の代に、武田信玄の部下になったことから明るみに出てきます。それ以前は、長野県の小県という地方を領有する極小さな豪族としての家系図が残っているようです。

 

 

祖父の真田幸隆は、武田信玄の領土獲得に役立った武将として知られています。そして、その子の真田昌幸(草刈正雄)が真田幸村の父にあたります。

 

 

この人物は武田信玄の小姓として仕えました。そこで、信玄の人を組織する方法や、軍勢の動かし方等を逐一学び、子供らに伝えたと言われます。結果的に四人の子供に恵まれました。

 

 

その後、武田信玄は死亡し、武田勝頼(平岳大)が武田家を継ぎますが、余りにも早急な家内の改革を優先してしまい、長篠の戦いという、何とか勝利できた可能性の強い戦いで負けを喫してしまいます。

 

 

この時の死傷者数は、武田家、織田、徳川両家共に拮抗していたとも言われます。武田軍団はそれだけ強かったのです。

 

 

しかし、武田家の死傷者の大半が侍大将クラスであったのに対して、織田、徳川両家の死傷者は殆どが、第一線の兵隊だったと言われており、この部分が両家の明暗を分かっていたのかも知れません。

 

 

天下は織田から豊臣、そして徳川へ!

 

 

真田昌幸の長男と次男は、この長篠の戦いで他界します。その後、武田は滅び、織田から豊臣秀吉(小日向文世)、そして徳川家康の世になりかけたとき、真田は選択を迫られます。

 

 

昌幸ら親子三人の密談で、三男の真田信之(大泉洋)は、徳川方に、そして、父の真田昌幸と真田幸村は豊臣方に使えることとし、仮にどちらかが滅亡することがあったとしても、どちらかは生き残り、家をつぶさないようにするといった際どい選択を行いました。

 

 

それが、世にいう犬伏の別れになります。その昌幸の選択は理にかなったものでしたが、その選択をした昌幸の方が関ヶ原で負けたのでした。その後も、真田家は信之が継承していったんですね。

 

 

なので、現在まで真田家は続いているとも言われているのです。ちなみに、この模様は現在放送されている人気の大河ドラマ「真田丸」でも放送されてきています。