2016年の大河ドラマは三谷幸喜さん脚本の「真田丸」です。「真田丸」とは、徳川家康を最後まで追い詰めることになる真田幸村の出城です。その大河ドラマを楽しむためにも真田幸村(信繁)の歴史を知っておおく必要があるでしょう。

 

 

 

真田幸村を語る上で、幸村だけでなく真田家を年表で追っていかなければ、数奇な人生は伝えられません。真田幸村(堺雅人)の祖父・幸隆は軍略家と知られる真田家の基礎を築いた人物です。

 

 

 

甲斐の武田信玄に使え、上杉家との多くの戦いで活躍した武将でした。佐奈だけは上野国岩櫃城の城代として上杉家を監視する任にあり、幸村の父である昌幸(草刈正雄)もその任を引き継ぎました。

 

 

 

武田家滅亡で織田家に従うが本能寺の変でピンチに!?

 

 

上野国というのは、三方を上杉家、北条家、武田家に囲まれた土地で、常に緊張状態が続く領地なので、いかに真田家が優秀であったかが窺い知れます。この武将たちに囲まれて生きていくことがどれだけ大変なことか。

 

 

 

天正10年に織田・徳川連合軍により武田家が滅亡すると、真田家は織田家に従うことになり、信濃国に所領を安堵されますが、織田信長が本能寺の変で亡くなると、旧武田領をめぐる上杉家、北条家、徳川家の争いになり、真田家は上杉家に帰属し自立をします。

 

 

 

ここで起こるのが有名な上田合戦です。真田家1200に対し徳川家7000の不利な戦いでした昌幸の巧妙な戦術により、徳川家は撤退せざる終えなくなります。この時、幸村は上杉家に人質に出されており、戦には参加していません。

 

 

 

豊臣家に従臣することになる真田幸村親子!

 

 

豊臣秀吉が台頭してくると、真田家は豊臣家に帰属し、北条家との戦いである小田原征伐に臨みます。この時幸村も昌幸と共に従軍しています。年表上で幸村が表舞台に出てきだすのはこのあたりからです。

 

 

 

この後、関が原の戦いになるわけですが、昌幸と幸村父子は西軍として参加します。幸村の兄である信之は、この頃本多忠勝の娘である小松殿を正妻としているため、東軍に参加することとなり、親子兄弟で別々の道を歩くこととなります。

 

 

 

関が原の戦いでは、家康の子で大軍を率いていた秀忠が真田家の居城である上田城に襲い掛かりますが、ここでも軍略に冴えた真田家が持ちこたえ、秀忠は攻略を諦めています。

 

 

 

その後、大坂冬の陣で真田丸を駆使して徳川勢を巧みに追い払った幸村でしたが、家康に真田丸を難癖をつけられて撤去された後に望んだ大坂夏の陣で幸村は戦死しています。