NHKの大河ドラマ「真田丸」で大人気の真田幸村(信繁)。その真田幸村の甲冑のデザインについての秘密をご紹介いたします。 真田家という家の名前からまず最初に連想されるのは、激動の戦国時代を走り抜けた末に大阪夏の陣にて散った英雄、真田幸村でしょう。

 

 
真田幸村という名前から連想されるものは数あるとはいえ、多くの人がビジュアル的にイメージするのはその甲冑です。赤色の甲冑に身を包み同じく十文字の朱槍を携えた真田幸村というイメージは多くの人が抱くものです。

 

 
少し歴史に詳しい人であれば、さらに六文銭と鹿の角が特徴的な朱色の兜まで思い浮かぶことでしょう。ではこの真田幸村の甲冑のデザインにはどういった意味があったのか、まずその特徴的な兜から見ていきましょう。

 

 

 

特徴的な兜にはどんな意味があったの?

兜についた鹿の角、実はこれ自体は別に戦国時代において珍しい物でも、真田幸村のみが使ったものでもありません。例えば徳川家の家臣である本田忠勝も鹿の角が付いた兜をかぶっていましたし、酒井忠次や山中鹿介なども同じです。

 

 
ですからむしろ真田幸村の兜ということで注目するべきはその六文銭なのです。六文銭、戦国時代の貨幣が3つずつ2列に連なるこのデザインは「三途の川の渡し賃」から来ているとされています。

 

 

 

この戦国の世において人が亡くなったあとには三途の川を渡って冥府へと歩むと考えられていたわけですが、この三途の川の船に乗るには六文銭が必要であり、これを持っていなくては三途の川を渡れないとされていました。

 

 

 

これを兜に着けるということですから、真田幸村は「いつ三途の川を渡ってもよい、決死の覚悟を持って戦に臨む」という想いをこめていたとされています。次に赤色の鎧、いわゆる「赤備え」ですが、これも武田、井伊などの戦国武将が好んだ甲冑です。

 

 

ワインレッドの色には、本能的な恐怖を与える色なの?

ですからこの赤備え自体も幸村のみに許された特別なものというわけではないのですが、この色は人に対して本能的な恐怖を感じさせる効果があるとされています。例えば現代でわかりやすいところで言うと、横断歩道にある「止まれ」の信号です。

 

 
この止まれの信号は赤色で表示されるようになっていますが、これは人が本能的に警戒する色であるからです。こうした色によって人に印象を与えることを視覚効果と呼ぶのですが、赤備えは戦場で敵となる相手に対して本能的な恐怖を煽り、士気を削ぎ落す効果がありました。

 

 
実際、血を連想させる赤色の甲冑を着て殺意を向けてくる豪傑が数百人並んでいれば逃げ出したくもなるでしょう。真田幸村の甲冑にはこうした意味があったわけです。