真田幸隆は真田昌幸(草刈正雄)の父であり真田幸村(堺雅人)の祖父にあたる人物です。信州上田の小豪族ですが知略に優れ村上義清の侵攻などを何度も防いだ名将でもあります。

 

 

当時の信州は大小様々な豪族が乱立しており豪族同士の小競り合いが絶えない土地で、比較的小さい勢力であった真田幸隆は知略を駆使して領土を守っていたのです。

 

 

そんな中武田晴信(信玄)が信濃に侵攻をはじめ村上義清、小笠原長時などと熾烈な争いをはじめます。それを機に真田幸隆は同じ村上家と敵対するものとして武田家の傘下に入る事を決意し武田家の家臣としての道を歩むのです。

 

 

幸村の祖父が武田家の家臣になることを決意!

 

 

山本勘助は当時武田晴信に気に入られ武田家に出仕していましたが家臣団の中では低い位にいました。武芸や兵法を磨く旅をしていたという半生は謎の部分が多く、尾張の織田家や駿河の今川家とも因縁があるようですがはっきりとした事は分かっていません。

 

 

とにかく歴史の舞台に山本勘助が登場するのは武田家に出仕しはじめた頃になります。軍師として有名な山本勘助ですが、実際に戦場で策を立てたという事はほとんど無く、どちらかと言えば調略などを得意とする間者のような任が多かったようです。

 

 

ですが手柄を立てようと策を献じる事もあったようですが経験が無い為に机上論である事が多く使い物にならないものでした。そういう時期に武田家の傘下になった真田幸隆と知り合います。

 

 

真田幸隆と山本勘助はお互い外様!?

 

 

武田家臣団の中でも同じ外様であった二人は通じるところも多くつながっていきます。その中で実戦で培い実績を上げてきた真田幸隆の戦術論は山本勘助に大きな影響を与え、武将としての成長を促していくのです。

 

 

その後、山本勘助は武田家臣団の中で徐々に頭角を現していくこととなり、武田信玄の信頼もまた厚くなっていきます。その後山本勘助は上杉家との川中島の合戦に臨み、越後勢の切り崩しの為の調略で上杉家の重臣を寝返らせるなどの大きな手柄を挙げると共に、戦場では有名な「啄木鳥の戦法」を献策するのです。