こんばんは。今日は、とと姉ちゃんの最終週について、ちょっと気になることについて書いてみたいと思います。今週の内容では、君子(木村多江)が亡くなるみたいな出来事がありました、

 

 

感動的な内容でしたけど、週の前半で亡くなってしまったので今後どうなるんだろって思ってしまいました。今週の後半は、水田(伊藤淳史)と鞠子(相良樹)の長女のたまきがあなたの暮し出版に入社という内容になっていましたね。

 

 

常子に子供がいてないので、必然的に後継ぎというと水田一家になるのでしょうか。なんか、そういったことでもないとこんな最終週前に入社させないやろなんて思っていたのですけど、どうなんだろ?

 

 

最終週にたまきがどのように成長しているのか。その辺りも楽しみの一つですね。そして、もう一つ重要なポイントは常子の仕事上のパートナーをつとめている花山伊佐次(唐沢寿明)が心筋梗塞でとってもピンチの状況ですよね。

 

 

このあたりについては、どうしても最終週に亡くなってしまうんやろうなあって見てしまいます。そのタイミングが最終回になるのか。その少し手前になるのか。そういった時期がポイントかなと。

 

 

心筋梗塞を患ってから5年間もたっていますので、大丈夫かなと思っていたのですが、きっとそうもいかないんでしょうね。なんかどうしても、今週の終わり方からすると亡くなってしまうってのがわかってしまいますよね。

 

 

君子の死も感動的でしたが、花山の死もそれに匹敵するかそれ以上の感動のシーンになるでしょうね。その後の常子がどうなるのか。あなたの暮し出版を辞めてしまうところまでいくのかどうなのか。

 

 

そういった、幕の引き方が今から最も気になるところですね。これまで、高視聴率で推移してきた朝ドラだけに後半はやや残念なところが多かったですが、有終の美を飾ることができるのか。

 

 

それとも、アカバネ電気の時みたくどこかもやもやしたものを抱えたまま終わっていってしまうのか。とと姉ちゃんの最終回について注目ですね。