人気の戦国武将として有名な真田幸村。歴史上の人物には必ずといっていいほど末裔が多いと言われています。現代までどの位に血が残っているのかは定かではありませんが、真田幸村の末裔は存在しています。

 

歴史上で他家から容姿が入っているという事もあって、真田幸村の純粋な血という訳ではないようですが、末裔は残っており、真田氏のホームページがあるくらいです。

 

 

真田幸村の末裔は四男五女なの?

 

 

真田幸村の末裔は四男五女いたと言われています。現代にもその血を受け継いで家紋や名前が一緒という人は結構な割合でいるようです。

 

真田幸村は伊達政宗家臣の小十郎に自分の子供を預けていて、そこから養子となった子供が二代目になってから真田姓を名乗り始めたという歴史が残っている為、純粋な家を守っている所は少ないという事が分かります。

 

 

真田幸村という名前で世の中には知られていますが、本当の名前は真田信繁という名前で残っていて、真田幸村という表記は残っていないといいます。真田幸村という名前は死後に生まれたといわれており、何故それが死後なのかという事に関しては誰も分かっていないようです。

 

 

プロ野球選手の中にも真田幸村の末裔が?

 

 

真田家の末裔は多く残っており、全部で十一人いるといいます。野球選手の中にも真田の子孫がいるといいます。今残っている末裔に関しては次男と四男の血を継いでいるというのが有名な説になっています。長男やその他の子孫については素手に亡くなっているなどして血が途絶えてしまっている所も多いようです。

 

 

芸能人の中にも歴史上の人物の血を継いだ末裔が多いので、調べてみるのも面白いかもしれません。真田氏の血は仙台で受け継がれたという説が最も有力で、子孫である真田徹氏がそれについて公式のホームページにて語っています。

 

 

真田徹氏は幸村の代から数えて十四代目にあたります。テレビ出演なども果たし、子孫として忙しい日々を送っているようです。全国の講演や観光イベントもしているそうなので、会えるチャンスというのも多いのではないでしょうか。一度お話を聞いてみたいですね